地域協働活動イベント >> 記事詳細

2019/01/28new

1月26日親子プログラミング教室開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by event

〇ごとロゴ学んで楽しい!ビスケット 親子プログラミング教室 を 1月26日13:30~15:00、せりがや会館大会議室で開催しました。

 当日の参加者は、3組、子どもさんが幼児を含め5人、保護者が4人の計9人でした。
参加者は、親子3組で子どもさんが5人(小学2年生1人、1年生2人、幼児2人)保護者の方が4名でした。参加者には4歳と2歳の姉妹とお父様、お母様のご家族4人が、また、今回で3回目になる兄妹の子どもさんも居られました。今回は、残念ながら風景写真がなく、プログラミング作品の写真だけになりました。

当日は、先ず、動く模様を作る時に便利な幾つかの手法を学び、その後は、学んだ色々な手法を使って動く模様を自由制作しました。自由制作された動く模様は全部で25点になります。以下の画像は、タイトル画像をまとめたものです。

  動く模様の自由制作作品タイトル
動く模様2@20190126教室
この画像をクリックすると、それらの動く模様を「模様ランド」画面上に表示し録画した動画をアップしたGoogleフォト共有アルバムが開きます。模様ランド表示では個々の作品を識別するのが難しい面もありますが、楽しい作品をお楽しみいただけると思います。

後半は、2種類のゲーム作りに取り組みました。
1種類のゲームはシューティングゲームで、画面上の何かの絵にタッチすると、その絵が変化して動きだすというもので、卵にタッチしたら恐竜が出てきた、宝箱にタッチして空けたら?、や、タッチで発射台からボールやロケットが飛び出しターゲットに衝突すると?、など全部で16点の作品ができました。2番目の画像が各作品のタイトル画像をまとめたものです。
もう1種類のゲームは、迷路ゲームです。碁盤目背景の中に、迷路を描き、その迷路上をタッチして一コマづつ移動させ、外から飛んでくる妨害者に接触しないように途中に置かれた鍵を取って、ゴールを目指すというものです。製作途中のものもありますが、4点の作品のタイトル画像を最後の画像にまとめています。

 シューティングゲームの作品タイトル
ゲーム1@20190126親子プログラミング教室
 
  迷路ゲームの作品タイトル
迷路ゲーム@20190126親子プログラミング教室

★次回は、2月23日(土)13:30~15:00、せりがや会館で開催します。

19:03
Copyright(c) 2010 Active-SITA. All Right Reserved.